English
お電話 予約

ご予約・お問い合わせ
TEL 0428-83-2365

【公式】民話の宿 旅館荒澤屋

【公式】民話の宿 旅館荒澤屋

ご予約・お問い合わせ

TEL 0428-83-2365

東京都西多摩郡奥多摩町氷川1446

ご予約はこちら

スタッフブログ

旅館

12月6日 「河豚チェック」

読めますか、河豚。
読めますね、フグです。
板さんは調理師免許の他、ふぐ取り扱い免許を持ってます。
実技・学科試験をパスすれば晴れてふぐ調理師に。
といっても簡単なもんじゃない。敵はふぐ。
しかも東京都でふぐ免許を取得するとなると難易度は日本一。
(都道府県により違う)
実技試験の練習にはふぐが必要。ふぐ、買う。ふぐ、高い。
練習用のふぐは冷凍モノを使うようですが実際の試験は生ふぐ。
冷凍モノは縮んでしまい、内臓の鑑別が難しい(鑑別も試験に出る)。
試験用生ふぐも練習で扱う。
一体いくらふぐに貢いだのでしょうか‥。
一生ものの資格なので許します。
「意地悪ばあさんの時にふぐ免欲しかったなあ」と板さん。
免許には石原都知事の印が。ちょっとわかるかも、その気持ち。
で、本題に入ります。
先日保健所からふぐチェックが入りました。
ふぐを取り扱う調理場は、ふぐの毒部分を捨てる
鍵付きの入れ物が必要。
その後業者が焼却処分するので一般のゴミに出したりは出来ない。
それを見にきた、というわけでした。
ありますよ。ふぐ毒入れ(除毒缶という)。
ちなみに民話の宿荒澤屋では御宴会・御法要のメニューで
「ふぐの唐揚げ」をお出しすることがあります。
意外と知られていないようですが、さっぱり上品な味で美味しい。
なんたってふぐだもん。
身を食べたあと骨を吸うと旨みが滲み出てまた美味い。
上品でも何でもない食べ方講座でした~。

毒入れ。と書くとなんだか怖い。       
                    
              ふぐ刺しをまとめて豪快に食べたい嫁でした。
ご予約はこちら
ページ上へ戻る